EPD室について

TOP  >   EPD室について  >   EPD室のエネルギーコラム  >   我が国における発電方法の現状

我が国における発電方法の現状

我が国における発電方法の現状

石炭、石油、天然ガス(LNG)などは何百万年も昔に生きていた動物や植物の死がいが、地下深くの温度や圧力により変化したものといわれており、化石燃料と呼ばれています。

化石燃料は使うのに便利なエネルギーであるため、現在、世界で使われているエネルギーの4分の3以上が化石燃料です。発電でも3分の2近くが化石燃料です。発電コストも比較的に安くすることができます。

残念なのは、風力発電、太陽光発電という、環境に最もよいエネルギー源がたったの2.2パーセントであることです。


  • ・石炭 27.2%
  • ・石油 12.3%
  • ・天然ガス 22.6%
  • ・原子力 22.1%
  • ・水力 9.5% ⇒  無公害、脱二酸化炭素
  • ・風力、太陽 2.2% ⇒  無公害、脱二酸化炭素

お問い合わせはこちら


このページの先頭へ